ニュース
» 2010年10月12日 13時04分 UPDATE

PFU、IT機器の検知と管理が可能なアプライアンスを発売

ネットワークに接続されたPCやモバイル端末、プリンターなど10種類の機器の自動検出とセキュリティ管理などができるアプライアンスをPFUが発売する。

[國谷武史,ITmedia]
inetsecfinder.jpg iNetSec Smart Finder

 PFUは10月12日、ネットワーク上のIT機器の検知および管理が可能なアプライアンス製品「iNetSec Smart Finder」を発表した。管理ソフトとアプライアンスで構成される。

 同製品は、LANに接続されたPCやプリンタ、ネットワーク装置、モバイルデバイス(iPhone/iPad/Android)など10種類の機器を自動的に検知し、種類を識別する。識別した機器をIT資産として一元管理することで、資産登録されていない機器管理の適正化(新規登録/排除、ライセンス管理など)が可能になる。

 また、社外から持ち込まれたPCやモバイル機器の不正接続を遮断できる。Webブラウザを搭載する機器であればWeb画面上から接続申請が行え、管理者が接続の可否を判断できる。検疫システムと連携でき、Windows/MacのPCがネットワーク接続する前にセキュリティ状態をチェックする。接続されている機器の電力消費の状況や、プリンタの印刷状況(どちらも概算値)の情報も取得して、管理できる。

 監視可能なセグメントは最大3つまで(タグVLAN時は16セグメントまで)で、1つのセグメントに1つの部門やグループを割り当てるイメージという。モバイル機器を管理する場合は、無線LANアクセスポイントを1つのセグメントに割り当てる形となる。

 価格は、管理ソフトの「iNetSec Smart Finder マネージャー」が28万円(年間サポート2万8000円)、アプライアンスが「iNetSec Smart Finder センサー」が18万円(同1万8000円)。センサーでセグメントを2つ以上管理する場合は、追加ライセンス(1セグメント当たりの参考価格は3万5000円)が必要になる。出荷開始日は11月12日を予定する。

 なお、PCの不正接続を検知する製品「iNetSec Patrol Cube」を組み合わせての利用も可能となっている。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -