レビュー
» 2010年10月15日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:WANに負荷を掛けずに災害対策サイトにデータ複製を行う、重複除外技術のレプリケーション

重複除外と圧縮技術により、データ容量を縮小してデータを転送するData Domain Replicatorを用いて、WANの細い回線を経由しても大容量バックアップデータを確実に遠隔地にコピーするレプリケーションについて解説(提供:EMCジャパン).

[PR/ITmedia]

 重複除外と圧縮を適用したレプリケーションは、WAN帯域幅の使用を最小限に抑えて、安全な遠隔地への複製データの移動を自動化するための最も経済的なアプローチである。これにより、本番稼働データが使用できない状態になってもデータを守ることが可能となる。

 「EMC Data Domain Replicator」ソフトウェアは、シンプルかつ高速で堅牢なWANベースのディザスタ・リカバリを提供する。このソフトウェアを利用して、末端のリモート・オフィスから大規模なコア・データセンターに至るまで、さまざまな環境に対応できる。

 このホワイト・ペーパーでは、どのようにしてWAN回線でも災害対策を構築できるのかを説明し、さまざまな環境に導入する実装方法について紹介する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、1800点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -