ニュース
» 2010年10月18日 16時00分 UPDATE

PFUが紙文書電子化ソフトの新製品――手作業の負担を軽減

帳票の電子化で負担となっていた手作業の工程を効率化するという。

[國谷武史,ITmedia]

 PFUは10月18日、帳票の出力から紙文書の電子化までの作業を支援するソフトウェア製品群「ScanConnect」を発売した。多数の種類の帳票を印刷してから電子化するまでの工程における手作業を軽減できるという。

 ScanConnectは、帳票の仕分けや検索キーワードリストの作成ができる「ScanConnect基本パック」、基本パックにQRコードによる仕分けなどが可能な「同QRパック」、基本パックに活字認識などのOCR機能を備えた「同OCRパック」、帳票設計ツール「同デザイナ」、印刷ツールの「同帳票出力」の5つの製品で構成される。

 ScanConnectデザイナは、OCRで内容を高精度に読み取れる帳票を作成するツールとなる。帳票出力は、ScanConnectデザイナで作成した帳票や業務システムで設計した帳票を印刷する。基本パックやQRパック、OCRパックでは、スキャナで読み取った帳票データを自動的に仕分けし、検索のためのキーワードリストを作成する。

 従来はデザインや内容などが異なる帳票を電子化する際に、事前に手作業で分類する必要があった。スキャナで読み取りに失敗した場合や、検索キーワードなどの設定も手作業で行う場合があった。ScanConnectを利用することで、紙文書の電子化で課題となっていった手作業による工程を削減できるようになる。

 製品価格は基本パックが4万8000円(税別)、帳票出力が9万8000円(同)、デザイナが19万8000円(同)などとなっている。なお、同社はScanConnectの発売に併せ、OCRソフトや暗号化製品、タイムスタンプサービス、ECM製品などのブランドを「PaperStream」に統一している。

関連キーワード

帳票 | 電子化 | OCR | PFU | ECM


企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ