ニュース
» 2010年10月21日 14時52分 UPDATE

ウォッチガード、中小企業向けに低コストのリモートアクセス製品を展開

従来に比べてサーバの台数を減らし、導入・運用コストの低減化を図った。

[國谷武史,ITmedia]

 ウォッチガード・テクノロジー・ジャパンは10月21日、SSL VPNによるリモートアクセスソリューションを強化したと発表した。中小企業ユーザー向けに導入・運用コストの低減化を図っている。

 このソリューションは、シー・エス・イーとの協業を通じて提供しているもので、ウォッチガードのSSL VPNアプライアンス「WatchGuard SSL100」「WatchGuard SSL 560」とシー・エス・イーのマトリクス認証製品「SECUREMATRIX」を組み合わせて利用する。

 ウォッチガードはSSL VPNアプライアンスのファームウェアをバージョンアップし、SECUREMATRIXの機能を標準で利用できるようにした。これにより、SECUREMATRIXとの連携に必要なサーバの台数を2台から1台に減らしたことで、ソリューション全体の導入および管理コストが減少した。

 2社では年間500社の新規利用を見込んでいる。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ