レビュー
» 2010年11月09日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:低予算メールセキュリティに隠されたリスク

企業の最優先の課題はコスト削減。メールセキュリティにも低コストや無料の対策を優先しがちだ。だが、少ない予算で大きい成果が本当に得られるのだろうか。低予算のメールセキュリティ対策を導入した場合に発生し得る「想定外のコスト」について検証する(提供:メッセージラボ ジャパン)。

[PR/ITmedia]

 企業のメールセキュリティに取り組むIT管理者にとって、「低予算」のソリューションという選択肢は表面上、多くの問題を解決するかのように見える。

 しかし、大きく宣伝されているコスト面でのメリットは、IT管理者が実際に得るものとして本当に大きいのだろうか。また、こうしたソリューションが企業にとって最適な選択肢かどうかを判断する際に考慮すべき、潜在的なリスクや派生的な問題とは何だろうか。

 本ホワイトペーパーでは、低予算のメールセキュリティソリューションにスポットライトを当て、これを採用して対処した場合になぜ「隠れたコスト」が発生するのか、代表的なサービスについてテストを実施した結果から検証する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、1800点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -