ニュース
» 2010年11月11日 08時43分 UPDATE

Cisco決算、企業の設備投資回復で増収増益

Ciscoの8〜10月期決算は、売上高が前年同期比19%増の107億5000万ドル、純利益は同8%増の19億ドル(1株当たり34セント)の増収増益だった。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Cisco Systemsは11月10日(現地時間)、2011年第1四半期(8〜10月期)の決算を発表した。売上高が前年同期比19%増の107億5000万ドル、純利益は同8%増の19億ドル(1株当たり34セント)だった。売上高はThomson Reutersがまとめたアナリスト予測の107億4000万ドルをわずかに上回った。

 企業の設備投資の回復を反映し、ルータやスイッチなど同社の主要ビジネスである製品部門の売上高は21%増の87億ドルだった。ビデオ会議ツールのWebExやTelePresenceなどのサービス部門は13%増の20億5000万ドルとなった。

 ジョン・チェンバーズ会長兼CEOは、「厳しい経済環境の中、堅調な業績を達成できた」とし、企業による設備投資の回復は緩やかなものではあるが、戦略的な製品展開により成長を続けられると語った。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -