ニュース
» 2010年11月11日 15時58分 UPDATE

ストラタス、ftServerの全モデルをHyper-Vに対応

ストラタスのftServerがHyper-Vに対応した。特にエントリーモデルのftServer2600で仮想化技術を使えるようになったことで、中堅・中小企業での導入が促進されそうだ。

[石森将文,ITmedia]

 日本ストラタステクノロジーは11月11日、同社の無停止型サーバ製品「ftServer」の全モデル(ftServer2600/4500/6300/6310)がマイクロソフト「Windows Server 2008 R2 Hyper-V」に対応したと発表した。

 特に今回、VMwareに対応していなかった(事実上、仮想化に未対応だった)エントリーモデルのftServer2600がHyper-Vに対応したことで、比較的リーズナブルに仮想化と高信頼(99.9999%以上の連続稼働率)を組み合わせた環境を構築できるようになった。このことは中堅・中小企業への導入促進につながると考えられる。

 ftServer2600の価格は税別175万800円から。そのほかのモデルの詳細はこちら

関連キーワード

ftサーバ | Hyper-V


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -