ニュース
» 2010年11月12日 12時00分 UPDATE

Google、動画検索機能「YouTube Topics on Search」をテスト公開

1分間に35時間分もの動画が投稿されているYouTubeで興味に合った動画を探すための新機能「Topics on Search」がTestTubeで公開された。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Google傘下のYouTubeは11月10日(現地時間)、動画検索の新機能「YouTube Topics on Search」を新機能のお試しサイトTestTubeで公開したと発表した。設定言語を英語にすると利用できる。

 YouTubeの従来の検索機能は、動画のタイトルや投稿者が付けたタグなどを参照しているが、Topics on Searchでは、ユーザーが入力した検索語に関連するトピックを、クエリに共通するキーワードやプレイリストの名称、Wikipediaなど外部の情報をも参照して抽出しているという。

 同機能を有効にすると、検索結果ページの動画一覧の上に、関連するトピックのキーワードリンクが並ぶ。例えば漠然と面白い動画を探そうと「funny」を検索すると、「funny video」「sleepover」「banned commercials」「dance」といったキーワードが表示され、絞り込むことができる。検索結果のサムネイルの横にも関連トピックへのリンクが並ぶ。

youtube

 YouTubeのコンテンツ数は急激に伸びており、Googleの同日の発表によると、毎分35時間相当の動画がアップロードされているという。

 YouTubeはGoogleの新テレビサービス「Google TV」の重要なコンテンツの1つでもある。GoogleはGoogle TVでのYouTube視聴を促進するために、「YouTube Leanback」や「YouTube Remote」などの関連機能を公開している。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -