ニュース
» 2010年11月15日 13時37分 UPDATE

AOL、Webメール刷新の「Project Phoenix」を発表

Webメールサービスの老舗AOLが、Facebookの「Project Titan」発表直前にメールサービス刷新プロジェクトを発表した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米AOLは11月14日(現地時間)、同社のWebメールサービスを刷新するプロジェクト「Project Phoenix」を発表した。日曜正午の発表という異例のタイミングは、うわさされている米FacebookのWebメールサービス立ち上げの発表を意識したもののようだ。新メールサービスの始動は2011年初旬になる見込み。

 AOLは、ユーザーのコミュニケーション形態の変化に合わせるため、新メールサービスを土台から設計し直したという。同社によると、メールサービスは現在でも同社にとって重要なサービスであり、AOLサービス全体に占めるページビューの割合は45%に上る。

 新サービスでは、米GoogleのGmail、米Yahoo!のメール、米MicrosoftのHotmailなど、競合他社のWebメールもAOLの受信ボックスで受信するよう集約でき、複数のアカウントのメール検索を一元的に行える。また、メールだけでなく、インスタントメッセージやSMS、FacebookやTwitterへの投稿も基本画面で行える。

 aol phoenix

 無料のプレミアムサービスでは、アカウントごとの無制限のストレージ、POPあるいはIMAPでのメールサービス、25Mバイトまでの添付ファイルのサポートなどが用意されている。

 同サービスに興味のあるユーザーは、βテストに申し込むことができる。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -