ニュース
» 2010年11月18日 17時18分 UPDATE

HP、企業向けテレビ会議システム「Visual Collaboration」を発表

HPがオンプレミスで運営できる高精細テレビ会議システムを発表した。米Vidyoの動画圧縮技術の採用により、低コストでのスムーズなストリーミングが可能だとしている。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Hewlett-Packard(HP)は11月17日(現地時間)、企業向けのテレビ会議システム「Visual Collaboration」を発売したと発表した。米Vidyoの動画圧縮技術H.264/SVCを採用することで、高精細のビデオ会議を低価格で提供できるとしている。

 同システムは、オンプレミスにもクラウドサービスにも対応し、クライアントソフトにはノートPCにもインストールできる「HP Visual Collaboration Desktop」と、タッチスクリーン搭載のハイエンドデスクトップPC「HP TouchSmart 600 Quad」向けの「HP Visual Collaboration Executive Desktop」がある。

hp 1 「HP Visual Collaboration Desktop」(左)と「HP Visual Collaboration Executive Desktop」

 また、カンファレンスルームシステムの「HP Visual Collaboration Room 100」および「Room 220」も用意されている。サーバ側は、同社のサーバ「ProLiant DL360」に「HP Visual Collaboration Portal」をプリセットした製品を提供する。

 hp 2 「HP Visual Collaboration Room 220」

 同社は2006年に会議システム「Halo」を立ち上げたが、これはインフラの管理をHPで行うサービスであり、オンプレミスで運営できるシステムの販売はVisual Collaborationが初めてになる。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ