ニュース
» 2010年11月25日 07時00分 UPDATE

米オンライン年末商戦、10%以上の伸び――comScore予測

プロモーションが早く始まったこともあり、米国のオンライン年末商戦は予想よりも好調という。

[ITmedia]

 米国のオンライン年末商戦は、2009年よりも10%以上売り上げが伸びる見通しだ。調査会社comScoreが明らかにした。

 同社によれば、年末商戦期(11〜12月)の最初の21日間で、オンラインショッピング(オークション、旅行除く)の支出額は前年同期比13%増の90億1000万ドルとなっている。11〜12月全期間の支出額は、前年比11%増の324億ドルに達する見通しだ。前年は4%の伸び率だった。

 オンライン年末商戦の滑り出しは上々で、これまでの予測を上回ると同社は述べている。「高い失業率など経済的な懸念はあるが、消費者は去年よりも年末商戦の買い物に積極的なようだ」と同社は語り、小売業者の積極的なプロモーションが早く始まったことも一因としている。

関連キーワード

年末 | 商戦 | comScore | プロモーション


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -