ニュース
» 2010年12月10日 07時32分 UPDATE

Google、Microsoft Exchangeメールのバックアップサービス「Message Continuity」を発表

オンラインオフィススイート市場でMicrosoftと対抗するGoogleが、企業のExchangeからGmailへの移行簡易化を狙ってメールの同期・バックアップサービスを発表した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは12月9日(現地時間)、米MicrosoftのExchangeと同期し、メールをバックアップする企業向けサービス「Google Message Continuity」を発表した。企業のオンプレミスのExchangeサーバがダウンしても、ユーザーはGmail経由でExchangeのメールを利用し続けられる。

 Googleは、「Google Appsへの移行を検討している企業にとって、同サービスはクラウドへの架け橋になる」と説明しており、Google Message ContinuityをMicrosoftの企業ユーザー獲得の武器として投入する意図が見える。

 Google Message Continuityは、2007年にGoogle傘下に入った米Postiniが提供するクラウドサービス。Microsoft Exchange 2003、2007(最新の2010には未対応)を利用している企業は、同サービスを導入することでメールデータをGoogleのクラウドにバックアップできる。Exchangeのアカウント宛てのメールは常時Googleのクラウドに同期され、Exchangeサーバがダウンしている間もGmailアカウントでメールが読める。Exchangeが復活したら、バックアップしていたメールはExchangeサーバにリストアされる。

 gmail

 同サービスを説明する公式ブログには「ユーザーは現行のメールシステムを使いながら、Gmail、連絡先、カレンダーを体験できる。もしGoogle Appsの採用を決定した場合、Google Message Continuityが既にメールデータを同期しているので、管理者はデータ移行作業を行う必要がない」とある。

 同サービスの利用料金は、ユーザー1人当たり年額25ドル。既にPostiniのサービスを利用している顧客の場合は1人当たり年額13ドル。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -