レビュー
» 2010年12月13日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:グローバルシステム構築の推奨アプローチ

グローバルシステムの構築は、一部の大企業だけが注力するテーマであったが今では、規模の大小を問わず、海外展開を重視している企業では、システム要件として必須となっている。グローバルシステム構築の最短ルートであるオラクルのソリューションを解説する(提供:日本オラクル)。

[PR/ITmedia]

 IFRSや経済のグローバル化は企業にグローバル、グループレベルの経営を求める。しかし、経営を支える情報システムはグループ個社ごとに構築され、個別最適なシステムが乱立しているケースが少なくない。

 グローバル競争に立ち向かうためにはグローバル、グループでプロセスを標準化して、最適化されたシステム基盤を構築しなければならない。グローバル、グループシステムの構築において、自社で設計/開発することはもはや前近代的なアプローチであり、ERPパッケージを効果的に活用することが近道である。

 オラクルは、今後のIFRS適用や経営管理の高度化を前提としたグローバルシステムにおいて、十分な機能のERPならびに最良のテクノロジを提供できるベンダーである。マルチカンパニー(マルチオルグ)、フレックスフィールド(財管一致勘定科目マスター)、帳簿型システム、超高速なデータベースとサーバーなどグローバルシステム構築に必須なオラクルソリューションをコンサルティングファームが評価、解説する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -