レビュー
» 2011年01月11日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:Hyper-V 仮想マシンのバックアップ ―クラスター共有ボリューム(CSV)編―

Microsoft Hyper-V 2.0から実装された、仮想環境の可用性向上のためのCSVサポート。シマンテックのBackup Execを使用したCSV構成Hyper-V環境の安全・確実なバックアップおよびリストアの方法を、実際の画面操作も交えながら分かりやすく解説する(提供:シマンテック)。

[PR/ITmedia]

 Microsoft Hyper-V 2.0では、クラスター共有ボリューム(CSV)を使用したライブマイグレーションが可能となった。Hyper-V仮想環境の可用性を大幅に向上させるテクノロジーとして注目を集めている。

 一方で新たなテクノロジーを実際に導入する上で、バックアップなど基礎的な運用が確実に行えることが肝要となる。

 このホワイトペーパーでは、Backup Exec 2010とMicrosoft Hyper-Vエージェントを用いてクラスター共有ボリューム(CSV)上に構築されたHyper-V仮想環境の安全・確実なバックアップおよびリストアの方法を紹介。実際の画面に基づきながら、構成方法やバックアップ/リストアの手順を分かりやすく説明する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -