レビュー
» 2011年01月13日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:ERPやPLMなど業務システムの導入・刷新を成功させるには、マニュアル整備とユーザ教育が不可欠だ!

業務システムの導入から定着までに不可欠な「マニュアル作成・教育、効果測定、運用」を効率良く実施する方法とは?KYB、昭和シェル石油、キヤノンの短縮化・効率化の手法を導入事例を交えて紹介する(提供:サイバネットシステム)。

[PR/ITmedia]

 企業においてERPやPLMなどの業務システムを新たに構築することは一大プロジェクトであるが、SIベンダーなど複数の関係者が関わるため、スケジュール通りにはいかないものだ。

 特に、開発中の各フェーズで必要とされる「マニュアル作成」や「開発プロジェクトメンバー、キーユーザ、エンドユーザへの教育」は、その重要性を認めながらも後回しにされることが多い。また、カットオーバー後に自社で運用するには定期的な教育とバージョンアップ毎のマニュアルの整備が重要だが、一連の作業が出来ている企業は少ない。

 そこで、以下の事例を交え、業務システムの導入から定着までに不可欠なマニュアル作成・教育、効果測定、運用を効率良く実施する方法を紹介する。

■KYB株式会社

 CAE入門講座と関連システムの操作教育をeラーニング化

■昭和シェル石油株式会社

 ERPパッケージの刷新時に約2ヶ月で200個の操作マニュアルと7つのeラーニングコンテンツを作成

■キヤノン株式会社

 自社開発した基幹系システムの操作マニュアルとeラーニングコンテンツを作成

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ