レビュー
» 2011年02月02日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:仮想環境におけるリカバリ時間を最小に抑制するリカバリ プランを設計するために

VMware vCenter Site Recovery Manager(SRM)を使用すれば、手動で行なっていた複雑なリカバリ手順が不要になり、ディザスタリカバリのリスクと問題を解消できる。vCenter SRM 4.0でリカバリ時間を最小に抑制するリカバリ プランを設計するための情報をまとめた(提供:ヴイエムウェア)。

[PR/ITmedia]

 本ホワイトペーパーでは、使用環境のダウンタイムを最小に抑制する効率的なリカバリ プランを設計できるよう、Site Recovery Manager のパフォーマンス データと推奨事項を提供、また、リカバリ時間に影響するさまざまな状況について説明する。

  • iSCSI、ファイバ チャネル、および NFS ストレージを使用したリカバリ
  • リカバリ プランに関連する仮想マシンおよび保護グループの数
  • 仮想マシンと保護グループの関係
  • DPM および DRS を利用したクラスタ内のリカバリ サイトのパフォーマンス
  • さまざまなリカバリ プランのパラメータの構成
  • リカバリ プランにおける仮想マシンの優先度の割り当て
  • 保護対象サイトとリカバリ サイト間の遅延の大きいネットワーク

 さらに、Site Recovery Manager によるリカバリ時間の最適化のベスト プラクティスを紹介する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -