ニュース
» 2011年02月07日 15時47分 UPDATE

複数ベンダーのUC製品に対応、日本HPが導入支援サービス

日本HPは、複数ベンダーに対応したユニファイドコミュニケーション(UC)の導入支援サービスを発表した。

[國谷武史,ITmedia]

 日本ヒューレット・パッカードは2月7日、ユニファイドコミュニケーション(UC)の導入を支援する3つの新サービス「UC&C Voice Transformation」「UC&C Virtual Workplace」「UC&C Communications Enabled Solutions」を発表した。3月1日から提供を開始する。

 新サービスは、Microsoft、Avaya、Polycom、Alcatel Lucentが提供するUC製品の導入を支援する。日本HPが顧客企業の要望に基づいて、UC導入の調査や設計、戦略策定、サポートなどを包括的に提供する。各サービスの特徴は以下の通り。

サービス名 内容と主なメニュー
UC&C Voice Transformation M&A、海外とのシステム統合、オフィス移転などに伴うテレフォニー基盤の集約化を支援。(1)PBXリプレース計画およびインプリメンテーション、(2)UC機能の付加設計およびインプリメンテーション
UC&C Virtual Workplace モバイル勤務や在宅勤務の実現に向けたロードマップ策定、UC環境構築・保守をグローバルに提供。(1)ロードマップ策定、(2)ネットワーク調査、(3)設計およびインプリメンテーション
UC&C Communications Enabled Solutions 業務アプリケーションにリアルタイムのコミュニケーション機能を付加。意思決定の迅速化、業務効率改善、顧客満足度の向上を支援。(1)IPコンタクトセンター設計およびインプリメンテーション、(2)ビジネスプロセスの設計およびインプリメンテーション

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -