レビュー
» 2011年02月17日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:PCの生産性・利便性を生かしながらシンクライアントのメリットを実現

大規模なサーバシステムを必要とせず、デスクトップとユーザーデータを集中管理できる仮想デスクトップのSV-PC。オフラインでの使用も可能だ。ここでは、SV-PCのシステム構成図、動作環境、製品体系、保守サポートサービスなどを紹介する(提供:東芝情報機器)。

[PR/ITmedia]

 PCの利便性を損なわず、ビジネスPCが抱える運用管理負担、情報漏えい課題を解決するのに最適なソリューションがある。

 「SV−PC」は東芝ノートPCを使った「仮想化デスクトップ」で、デスクトップ環境(OS、アプリケーション)とユーザーデータをファイルサーバ上で集中管理するソリューションだ。

 さらに従来のシンクライアントの課題であった、大規模な初期投資、グラフィック

アクセラレーター必須のCADソフトとの共存、オフラインでの使用、既存の認証デバイスへの対応、ネットブート型の場合は起動に時間がかかるといった課題も解決する。SV−PCなら、大規模なサーバシステムが不要で初期導入コストを低減できる。

 本ホワイトペーパーでは、SV−PCのシステム構成図、動作環境、製品体系、保守サポートサービスなどを紹介している。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -