ニュース
» 2011年02月25日 17時42分 UPDATE

NEC、流通企業向けのクラウド型CRMサービスを9月から提供

NECは顧客関係管理(CRM)の機能をサービス形態で利用できる「NeoSarf/CRM」を発表した。

[國谷武史,ITmedia]

 NECは2月25日、顧客関係管理(CRM)の業務に必要な機能をオンライン上で利用できる「NeoSarf/CRM」サービスを発表した。9月から提供を開始する。

 同サービスでは、会員顧客情報の管理やポイントサービス、購買データ分析、クーポンやメールマガジンの発行といったプロモーションなどの機能を利用できる。業務システムやPOS、キオスク端末、Webサイトなどとも連携でき、多面的な顧客サービスの展開が可能になる。

 利用料金は、20店舗を持つ企業が顧客管理とポイントサービスの機能を利用する場合で月額150万円(税別)から。自社保有のシステムに比べて5年間の運用コストを最大30%程度削減できるという。同社では今後3年間で50社の利用を見込む。

関連キーワード

CRM | NEC(日本電気) | SaaS


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -