レビュー
» 2011年03月02日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:Exchange Server 2010環境におけるストレージ最適化技術とは?

ビジネスの根幹を担うメッセージング環境。多くの企業では、大容量のメールボックスを確保するためにSATAドライブへの移行とともに、そのパフォーマンスを維持する必要がある(提供:EMCジャパン)。

[PR/ITmedia]

 Microsoftが提供するメッセージングサーバ最新版「Microsoft Exchange Server 2010」(以下、Exchange 2010)ではストレージ選択オプションが拡張され、SATAドライブの使用が可能になった。多くの企業は、低コストで大容量のSATAドライブを使用したストレージ環境を構築することでコストの削減を期待するだろう。

 しかし、Exchange 2010環境で求められるパフォーマンス要件を満たすためには、多数のSATAドライブを導入しなければならなくなる。また、バックアップや日々のメンテナンスなどで発生するワークロードのスパイクやピーク時の需要に適切な対応ができなくなる可能性がある。

 このホワイトペーパーでは、上記の課題に対する解決策としてEMCが提供するキャッシュメモリ最新技術「FAST Cache」を、SATAドライブベースのExchange 2010環境で活用した3つのパターンでの検証結果とその導入効果を紹介する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -