ニュース
» 2011年03月02日 16時31分 UPDATE

好調な10〜12月期の世界サーバ市場、IBMがSystem zで首位奪還――IDC調査

世界サーバ市場は過去3年感で最高の四半期売り上げを記録し、中でもIBMのメインフレームSystem zが好調で、同社は3四半期ぶりにHPから首位を奪還した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米市場調査会社IDCによると、2010年第4四半期(10〜12月期)の全世界のサーバ市場は、売上高が前年同月比15.3%増の150億ドル、出荷台数は6.1%増の210万台となった。売上高は4四半期連続の前年同期比増で、過去3年間で最高の四半期売り上げとなった。世界的にサーバへの需要拡大が続いている。

 製品の価格帯でみると、ハイエンド製品の売り上げが29.1%増と最も好調で、IDCの同調査開始以来、四半期としては最大の伸び率だった。また、価格が2万5000ドル未満のローエンド製品(IDCでは「ボリュームサーバ」と呼ぶ)も13.4%の伸びだった。価格帯が2万5000〜25万ドルのミドルレンジ製品は2.1%減だった。

 ベンダー別の売り上げシェアでは、メインフレームのSystem zとx86サーバSystem xの需要が高まった米IBMが34.7%のシェアを獲得し、3四半期ぶりに米Hewlett-Packardから首位の座を奪還した。同社の売上高は前年同期比21.9%増の55億9200万ドルだった。2位のHPはシェア29.9%。x86サーバのProLiantが堅調だった。3位はSMB、大企業、公共機関からの需要に支えられた米Dell(シェアは12.6%)。

2010年10〜4月期の世界サーバ売上高トップ5
順位 社名 売上高(単位:百万ドル) シェア(%) 売上高の前年同期比(%)
1 IBM 5,592 37.4 21.9
2 HP 4,470 29.9 13.2
3 Dell 1,887 12.6 26.8
4 Oracle 883 5.9 -14.4
5 富士通 541 3.6 -9.4
その他 1,586 10.6 20.1
合計 14,960 100.0 15.3
(資料:IDC)

 2010年通年では、売上高は前年比11.4%増の481億ドルで、出荷台数は15.3%増の760万台だった。

2010年通年の世界サーバ売上高トップ5
順位 社名 売上高(単位:百万ドル) シェア(%) 売上高の前年比(%)
1 IBM 15,356 31.9 8.5
1 HP 15,324 31.8 18.9
3 Dell 7,014 14.6 34.2
4 Oracle 3,279 6.8 -14.0
5 富士通 2,194 4.6 0.0
その他 4,970 10.3 0.5
合計 48,137 100.0 11.4
(資料:IDC)

【修正履歴】Sysem XをSystem xに修正しました。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -