ニュース
» 2011年03月10日 16時11分 UPDATE

日本オラクル、JD Edwardsのアパレル業界向けモジュールを提供開始

日本オラクルは、アパレル業界向けに生産・流通管理の機能を提供するJD Edwards EnterpriseOne Apparel Managementの拡張モジュールを発表した。

[國谷武史,ITmedia]

 日本オラクルは3月10日、中堅企業向けERPパッケージ「JD Edwards EnterpriseOne」のアパレル業界向け拡張モジュール「JD Edwards EnterpriseOne Apparel Management」の提供を開始した。

 新製品は、多品種かつ少量生産でライフタイムが短いアパレル製品の生産および流通の管理を支援する。導入企業では、スタイル品目などアパレル業界特有の項目などによるアイテム管理が可能になるとしている。会計モジュールと組み合わせることで、経営情報の可視化も実現するという。

 製品の主な機能と概要は以下の通り。

機能 概要
スタイル品目の管理 スタイル、生地、色、丈、その他変数を組み合わせた最大10階層の管理が可能。価格管理、受注管理、購買管理、部品表管理、生産管理、在庫管理など各サプライチェーンの過程におけるスタイル品目の管理が行える。レベル構造を階層に定義、管理することで、膨大な種類の管理項目であっても一括管理を実現する。
コレクション管理 限られた地域や期間で実施する販売促進キャンペーン別の商品群をコレクションとして管理できる。期間や対象顧客、価格条件、地域情報、テーマ情報、販売チャネル別の属性管理にも対応。各コレクションを受注、購買、生産管理と連携させ、購買、生産、売上状況のリアルタイム分析が行える。
スタイル品目引当管理 過去の実績に基づくサイズ別の生産数、トップ/ボトムの組み合わせ、色などの人気度、在庫状況、満足度などを考慮し、複数の属性情報に優先順位を付けて出荷する商品を自動的に割り当てる。
受注管理 色、柄、サイズなどの異なる属性のSKU受注を表形式で入力できる。受注管理とコレクション管理を連携させることで、コレクションの情報が自動的に反映され、入力作業を軽減できる。
生産管理 部品表を活用して、スタイル品目の構成を定義し、各作業を行う場所、品目の生産に必要な作業順序、各工程のリードタイムを定義できる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -