ニュース
» 2011年03月28日 14時54分 UPDATE

CRMやSCMなどの導入が進む――グローバル対応を背景に

IDC Japanは、エンタープライズアプリケーション(EA)およびビジネス解析(BA)ソリューションの国内ユーザーニーズに関する調査結果を発表した。

[國谷武史,ITmedia]

 IDC Japanは3月28日、2011年のエンタープライズアプリケーション(EA)およびビジネス解析(BA)ソリューション市場のユーザーニーズ動向調査の結果を発表した。市場環境の変化やグローバル対応を背景に、CRMやSCM、BAの採用が進んでいる様子が分かった。

 2011年1月現在のEAおよびBAシステムの導入率は、CRMが52.3%、ERM(Enterprise Resource Management)が88.1%、SCMが64.4%、製造管理が57.7%、BAが44.6%だった。2009年12月の前回調査に比べて、CRMは3.9ポイント、SCMは6.1ポイント、BAは7.1ポイントそれぞれ増加した。一方、ERMは0.6ポイント、製造管理は1.4ポイントそれぞれ減少した。

 また、2年以内に導入予定または検討中のEAおよびBAシステムの機能は、CRMではSFA、ERMでは財務会計、SCMでは在庫管理、製造管理では生産/製造実行管理、BAではアナリティクスアプリケーションに対するニーズが強い。特にSCMでは導入予定または検討中の企業の約76%が在庫管理の導入を検討している。

 EAおよびBAシステムの導入目的のうち、「グローバル対応」に由来する回答は、財務会計、販売管理、購買管理では12%前後、SCMでは約17%、製造実行システムでは約33%、製品ライフサイクル管理では約22%、ビジネスインテリジェンスツールが約12%だった。同社は、この傾向が今後さらに強まり、2011年にはグローバル対応を機としたEA/BAシステムの検討が引き続き拡大するものと予測する。

 国際会計基準(IFRS)の対応では、会計方針や内部統制の準備が先行して進むものの、システム要件が未着手の企業が多い実態が分かった。2011年度中にIFRS対応に向けたIT支出の予算化がなされ、具体的なIT支出が活発化するのは2012年〜2013年になると同社では予測している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -