ニュース
» 2011年04月12日 12時26分 UPDATE

導入事例:金沢工大が仮想デスクトップサービスを導入、日本IBMが支援

金沢工業大学は、学生が利用する情報端末向けに日本IBMの仮想デスクトップサービスを導入した。

[國谷武史,ITmedia]

 金沢工業大学(金沢工大)は4月12日、学生が利用する情報端末向けに日本IBMの仮想デスクトップのクラウドサービス「IBM Smart Business デスクトップ・クラウド構築サービス」を採用したと発表した。

 金沢工大では、2010年12月から仮想デスクトップ環境の企画と設計を開始。初回として、情報学部演習科目を対象に学生が授業で利用する演習用アプリーケーションの利用環境や、学内に設置してある情報検索端末など約40台の情報端末で、クラウド基盤から提供する仮想デスクトップ環境を構築した。

 従来は演習室の専用PCでしか利用できなかった情報演習環境を、仮想デスクトップによって場所や時間の制約を伴わずに学内イントラネットから利用できるようになった。また、専用PCではデスクトップ環境を授業期間に合わせて年2回更新していたが、仮想デスクトップによってマスターイメージ配布や確認の作業を大幅に削減し、即日で環境を更新できるようになるという。

 日本IBMは、プロジェクトの企画や設計に参加し、構築段階での技術支援やテスト項目の策定・評価の支援などの支援を行った。仮想デスクトップ環境には、IBMのx86サーバ「IBM System x 3650 M3」が採用された。

 金沢工大では今回の導入効果を検証した上で、今後は仮想デスクトップ環境を全ての情報演習用端末約300台やCAD端末約160台にも拡大していく予定だとしている。

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -