ニュース
» 2011年04月14日 13時13分 UPDATE

日本IBMとIIJ、クラウドコンピューティング分野で協業

日本IBMとIIJは、大手や中堅の企業を対象としたクラウドサービスの提供に向けて協業する。

[國谷武史,ITmedia]

 日本IBMとインターネットイニシアティブ(IIJ)は4月14日、大手や中堅の企業を対象としたクラウドサービスの提供を目的に協業すると発表した。

 具体的には、スマートフォンやタブレット端末などで安全に業務アプリケーションを利用できるよう、ゲートウェイ機能やリモート端末管理機能を提供するIIJの「IIJ GIO スマートモバイルソリューション」と、日本IBMのプライベートクラウド構築サービスを組み合わせて提供する。

 特に金融機関での利用を見込む。プライベートクラウドの活用で企業としてのセキュリティレベルを維持しながら、社員が移動先でも業務を継続できるための役割が期待されるという。また、Webサイトへのアクセス負荷を分散する「IIJ広域負荷分散サービス」とIBMのクラウド基盤を連携させ、計画停電に備えたWebサイトのバックアップソリューションの提供も検討している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -