ニュース
» 2011年04月14日 16時59分 公開

NEC、被災地の企業に対しクラウド型会計サービスを無償提供

NECは「EXPLANNER for SaaS(会計)」を被災企業に対し無償提供する。期間は2012年4月27日までの予定。

[石森将文,ITmedia]

 NECは4月14日、東日本大震災で会計システムに被害を受けた企業に対し、同社のクラウド型会計サービス「EXPLANNER for SaaS(会計)」を無償提供すると発表した。同日より申し込みを受け付ける。

 無償で利用できる期間は、2011年5月11日から2012年4月27日(予定)となる。対象となる企業は「岩手県・宮城県・福島県・青森県・茨城県・栃木県・千葉県・長野県の災害救助法適用市町村にある法人」とされる。サービスの詳細はNECのサイトで確認できる

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -