レビュー
» 2011年04月15日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:内部ネットワークのセキュリティ危機を切り抜ける4つのポイント

スマートフォン等のモバイル端末普及が進むいま、ネットワーク上の「どこに何がつながっているのか」を可視化し、リスクへ適切に対応する必要がある(提供:ソリトンシステムズ)。

[PR/ITmedia]

 多くの企業がセキュリティ対策を実施しているにも関わらず、いまだに4社に1社の企業がウイルス感染被害を経験している。ウイルス対策ソフトを使っても、内部ネットワークを100%無菌状態にすることは不可能だ。また、セキュリティパッチが提供されていない脆弱性への攻撃も増えている。

 完璧なソリューションが存在しないことを理解したうえで、システム全体のセキュリティリスクを減らす仕組みを「バランスよく実施」するために、何をなすべきだろうか。

 本資料では、4つのポイントを中心に事例を交え解説する。

1. 「エージェント不要」手放しの運用で検疫チェック・修正

2. 万が一の時も「ウイルス・ワームをブロック」

3. 「バーチャルファイアウォール」で不要な接続を、かんたん・安全にブロック

4. ますます普及するスマートフォンも判断する「ネットワークデバイス管理」

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -