レビュー
» 2011年04月18日 08時08分 UPDATE

ホワイトペーパー:無理してiPhoneアプリを作る必要はない

iPhoneに最適化されたWebアプリケーションを、Visual Studioで構築する手法を解説する(提供:グレープシティ)。

[PR/ITmedia]

 業務システムのクライアントとしてスマートフォンが利用されはじめている。外出先からインターネットを通じて既存のシステムに接続するのが一般的な用途だろう。

 システムインタフェースとしてWebアプリケーションが用意されていれば追加投資せずに接続できる。しかし、スマートフォンでPC用のWebサイトを参照すれば使い勝手が犠牲になることは明確だ。

広く認知されたスマートフォンであるiPhoneのネイティブアプリのUIであれば、ユーザーの戸惑いは最小限に抑えられるが、iPhoneアプリは開発するにも、最終的にリリースするにも障壁がある。

 この資料では、マイクロソフト技術であるVisual BasicやC#などのプログラミング言語でASP.NETを利用し、iPhone専用の開発環境を準備することなくiPhoneのUIに準拠したWebアプリケーションを構築するための手法を紹介する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -