ニュース
» 2011年04月19日 15時31分 公開

富士通、クラウド向けのセキュリティコンサルティングを開始

富士通ユーザー企業、クラウド事業者のそれぞれに対しクラウドのセキュリティコンサルティングサービスを提供する。

[石森将文,ITmedia]

 富士通は4月19日、クラウドコンピューティングにおけるセキュリティ上の課題を整理しユーザー企業が安全にクラウドサービスを利用できる環境構築を支援する「クラウドセキュリティコンサルティング」および「クラウドセキュリティ評価・監査サービス」を提供開始すると発表した。

 クラウドセキュリティコンサルティングは、クラウドの導入を検討しているユーザー企業を対象に、セキュリティガイドラインを策定したり、ポリシーを見直したりするサービス。他方クラウドセキュリティ評価・監査サービスについては、クラウド事業者を対象に、扱っているクラウドサービスをセキュリティ面から評価し、監査するサービスとなる。監査は富士通の監査人(第三者機関から公的に認定され200社以上の監査実績を持つという)が実施し、監査報告書をまとめる。クラウド事業者は監査報告書を通じてユーザーに自社サービスの安全性を訴求できるという。

 どちらのサービスも個別見積りとなるが、富士通は参考価格としてクラウドセキュリティコンサルティングを300万円から、クラウドセキュリティ評価・監査サービスは200万円からとしている。

関連キーワード

クラウド セキュリティ | 富士通


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -