ニュース
» 2011年04月19日 16時23分 UPDATE

「今後も製品間の連携を深める」:日立と日本オラクル、JP1とExadataの検証済み構成を提供

日立と日本オラクルはJP1とOracle Exadataの検証済み構成をパートナー各社に提供する。

[石森将文,ITmedia]

 日立製作所(以下、日立)と日本オラクルは4月19日、日立の統合運用管理ソフトウェア「JP1」と日本オラクルのデータベースマシン「Oracle Exadata」を組み合わせた環境の検証を実施したと発表した。ここで検証した構成モデルをリファレンスアーキテクチャとして定義し、4月20日からパートナー各社に提供する。

 検証は日本オラクルが有するOracle GRID Centerで行った。検証内容は、Oracle Exadataの構成を生かしながらJP1/Automatic Job Management System 3で業務の自動化を図るというもの。またOracle Exadataを中核としたシステムをJP1で監視する手法も検証した。結果をもとに定義したリファレンスアーキテクチャをパートナー各社に提供することで、JP1とOracle Exadataを組み合わせたシステムの導入を迅速化するという。

 両社は「今後も製品間の連携を深め、販売パートナー各社とともにユーザーのニーズに応えるソリューションを提供する」としている。

関連キーワード

JP1 | Oracle Exadata


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -