レビュー
» 2011年04月21日 08時00分 公開

ホワイトペーパー:売れる仮想化提案!

費用対効果の高い仮想化計画を提案するにはいくつかのポイントを押さえておく必要がある。最適なスペック、パフォーマンスの維持など、投資対効果の高いジャストサイズの構成を提案するためのヒントを紹介する(提供:ノベル)。

[PR/ITmedia]

 仮想化技術が一般ユーザにまで浸透してくると同時に、仮想化を提供する技術も一般化してきている。そのため、差別化が難しくなり、価格だけの勝負になる傾向がある。本資料ではユーザ様へ一歩進んだ、差別化された投資効果の高い仮想化提案を行うためのヒントを紹介。ユーザー企業にとっても押さえておくべきポイントとして活用できる資料である。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -