ニュース
» 2011年04月21日 20時10分 公開

塩野義製薬がOracle Exadataを採用 営業支援を強化

営業支援のシステム基盤を強化するために、塩野義製薬はオラクルのデータベースマシンの採用に踏み切った。

[伏見学,ITmedia]

 塩野義製薬は、営業支援のための情報基盤を刷新する。システムを提供した日本オラクルが4月21日に発表した。

 塩野義製薬が導入するのは、オラクルのデータベースマシン「Oracle Exadata Database Machine」。ソフトウェアやサーバ、ストレージ、ネットワーキング機能をパッケージし、データウェアハウス(DWH)やトランザクション処理などさまざまなデータ管理に対応する製品だ。同社はExadataを活用して、重複するデータの削減やデータマートの集約、データの洗い替え処理の効率化、バッチ処理の時間を短縮することで、複数の業務システムの統合とDWHの強化を図る。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -