ニュース
» 2011年04月22日 14時14分 UPDATE

OSSを活用したクラウド構築サービスを提供 富士通

富士通はOSSを活用したクラウド環境の構築および運用を支援する6種類のサービスを販売開始した。

[伏見学,ITmedia]

 富士通は4月22日、オープンソースソフトウェア(OSS)を活用したクラウド環境の構築、運用を支援するサービスを販売開始した。低コストかつ柔軟なクラウド構築が可能になるという。

 具体的には、同社が提供するPCサーバ「PRIMERGY」やストレージシステム「ETERNUS」などのハードウェアとOSSの組み合わせを事前に検証したOSSクラウド基盤、およびOSSクラウドテンプレート18種を整備し、これらを基に「OSS クラウド基盤構築サービス」「OSSクラウドテンプレート構築サービス」「OSSクラウドシステム構築サービス」、導入後の運用支援を行う「OSSクラウド基盤運用支援サービス」「OSSクラウドテンプレート運用支援サービス」「OSSクラウドシステム運用支援サービス」の6種類のサービスを提供する。

 各種OSSを組み合わせてハードウェアとの適合性調査や動作確認を事前検証し、テンプレート化することで、2週間程度でOSSクラウド環境を構築できる。OSSクラウドテンプレートには、ApacheやTomcatなどのミドルウェア、JavaやPHP、Rubyなどのアプリケーション開発・実行基盤のPaaS層のテンプレート、メールやワークフローなどSaaS層のテンプレートが含まれている。

 また、サーバやストレージなどのICTインフラを統合して、データセンターからネットワーク経由で仮想的に提供する同社のクラウドサービス「オンデマンド仮想システムサービス」上にもOSSクラウドテンプレートを展開することで、システム災害時のバックアップや負荷集中時の追加資源などの用途で利用することも可能である。

 提供価格は個別見積もり。販売目標は3年間で300システムとしている。

OSSクラウド基盤とOSSクラウドテンプレートの体系図 OSSクラウド基盤とOSSクラウドテンプレートの体系図

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -