ニュース
» 2011年05月16日 16時44分 UPDATE

日本オラクル、自社の経験を生かした在宅勤務ソリューションを提案

企業の事業継続のために在宅ワークが注目を集める中、日本オラクルはミドルウェア製品を活用した在宅勤務ソリューションを提供する。

[伏見学,ITmedia]

 日本オラクルは5月16日、同社のミドルウェア製品を活用した在宅勤務ソリューションの提案を開始した。

 具体的には、文書ファイルやデジタルコンテンツを一元管理する製品「Oracle Universal Content Management (Oracle UCM) 11g」、ファイルの保護と管理を実現するセキュリティ製品「Oracle Information Rights Management (Oracle IRM) 11g」、ディレクトリやデータベースに散在するさまざまなユーザー情報を仮想的に一元管理する製品「Oracle Virtual Directory」、なりすましなどの不正アクセスを予防、検知し、強固な認証を行うアクセス制御製品「Oracle Adaptive Access Manager」などを組み合わせて提案する。これによって、自宅や出張先など場所を問わず社員同士が円滑にコミュニケーションを図れるほか、個人用PCやモバイル端末でもセキュアに業務を行えるとしている。

 また、日本オラクルでは、「Work@Everywhere」というコンセプトを掲げて時間と場所にとらわれない働き方を実践しており、在宅勤務に関する自らの取り組みやノウハウをWebサイトで紹介していく。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -