ニュース
» 2011年05月17日 12時08分 UPDATE

McAfee、“安全”な短縮URLサービスをアップデート

McAfeeは短縮URLサービス「mcaf.ee」を強化し、ソーシャルサービスとの連携を図った。

[國谷武史,ITmedia]

 米McAfeeは5月17日、短縮URLサービス「mcaf.ee」のアップデート版をリリースした。ソーシャルサービスとの連携やレポート機能の強化などを図っている。

 「mcaf.ee」サービスは、短縮URLでアクセスする先のWebサイトの安全性をセキュリティ解析基盤のGlobal Threat Intelligenceで確認した上で、短縮URLを生成する。また、対象サイトの安全評価の結果を上段フレームに色別で表示する。「安全なサイト(緑)」ならそのままページを表示し、「疑わしいサイト(黄)」は警告とページへのリンクのみを表示、「危険なサイト(赤)」は表示しない。

 今回のアップデートでは、URL生成ウインドウにFacebookとTwitterのボタンを配置し、短縮URLをこれらサービスと容易にシェアできるようにした。対象サイトのWebサイトの評価情報やリンクのつながり状態を示すリンクグラフ、メールサーバ情報などを表示するレポート機能を新たに搭載している。

mcasrturl.jpg アップデートされた「mcaf.ee」

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -