ニュース
» 2011年05月19日 07時50分 UPDATE

Microsoft、Googleの地元サンフランシスコ市からクラウド契約獲得

Googleと政府機関向けクラウドサービス契約獲得で争っているMicrosoftが、サンフランシスコ市とExchange Online採用の契約を結び、2万3000人以上のユーザーを獲得した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは5月18日(現地時間)、カリフォルニア州サンフランシスコ市政府が職員向けメールシステムとして同社のクラウドベースのメッセージング・予定表サービス「Microsoft Exchange Online」を採用したと発表した。同市の60部門、2万3000人以上の職員のシステムが、向こう1年をかけてExchange Onlineに切り替えられる。

 米San Francisco Chronicleによると、同市は現在、デスクトップ版のMicrosoft Exchangeと米IBMのLotus Notesを利用している。

 Microsoftは発表文で、採用に当たっては同市が「幾つかの競合製品を価格、セキュリティ、機能、SLA、サポート、既存インフラとの統合しやすさなどの項目について検討した」と説明した。

 サンフランシスコ市は、Microsoftとクラウドサービスの政府顧客獲得で激しく争っている米Googleの地元とも言える地域(同社の本拠地はサンタクララ郡マウンテンビューにある)。カリフォルニア州の市としてはロサンゼルスがGoogleのメールシステムを採用している。(MicrosoftとGoogleの政府調達に関連する記事については以下の「関連記事」をご参照ください。)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -