ニュース
» 2011年05月24日 14時51分 UPDATE

OTPが利用可能な中小企業向けのリモートアクセスサービス、ウォッチガードとパルソフトが発表

ウォッチガードとパルソフトは、リモートアクセス用アプライアンスとワンタイムパスワード認証を組み合わせた中小企業向けサービスを発表した。

[國谷武史,ITmedia]

 ウォッチガード・テクノロジー・ジャパンとパルソフトウェアサービスは5月24日、ワンタイムパスワード(OTP)認証が利用可能な中小企業向けリモートアクセスサービス「SSL MAX」を発表した。

 新サービスは、ウォッチガードのリモートアクセス用アプライアンス製品「SSL 100/560」とOTPのオンライン認証を組み合わせて提供する。導入企業ではメールやファイル共有、CRMシステムなどの企業データに自宅などから安全にアクセスできるようになるという。また、近日中にiPhoneおよびiPadにも対応する予定。

 料金は月額課金型になり、ユーザーの初期投資は不要。ウォッチガードとパルソフトの認定パートナーがサービスを販売する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -