ニュース
» 2011年05月24日 15時18分 UPDATE

導入事例:JT、業務システムをプライベートクラウドに移行 2014年には共通基盤に集約

日本たばこ産業は個別に存在していた業務システムをプライベートクラウドに移行する。グループ全体でのITリソース最適化を図るという。

[ITmedia]

 日本たばこ産業(以下、JT)は自社のIT基盤を、利用量や必要とする信頼性に応じて従量課金サービスとして提供する、いわゆるプライベートクラウド環境(JTでは「インフラ共通基盤サービス」として定義)に移行した。構築を担当した日立製作所が5月24日に発表した。

 JTでは2014年までに、約100種類ある従来の業務システムを、インフラ共通基盤サービスに切り替える計画。運用や保守をプライベートクラウドで一元化し、JTグループにおけるITリソース配置の最適化や、システムのメンテナンスコスト削減を図る。サービスレベルおよびガバナンスの向上も見込むという。

hitachi0524.jpg インフラ共通基盤サービスの枠組み

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -