ニュース
» 2011年05月25日 19時54分 UPDATE

1000キロメートルまでOK:EMC、遠隔地にあるストレージをリソースプール化する製品を発表

EMCジャパンが発表したVPLEX Geoは、遠隔地にある異機種混在環境のストレージをリソースプール化できる製品。災害対策にも有効だという。

[石森将文,ITmedia]

 EMCジャパンは5月25日、「EMC VPLEX Geo」を発表した。同日より販売開始する。

 VPLEX Geoは、異機種混在、かつ設置ロケーションも異なるストレージを共通プール化する製品(つまり、VPLEX Geo自体はストレージではない)。約1000キロメートル離れたセンター間のストレージをリソースプール化できる。EMCによると、これは業界初の機能だという。

 これによりユーザーは、動的にストレージワークロードの最適化を図れる。また、あるロケーションが広域災害による被害を受けた際でも、ITのオペレーションを被害を受けていないデータセンターへ動的に移動できる。EMCはこういったオペレーションを「ストレージフェデレーション」と定義している。

 VPLEX Geoの価格は個別相談。2011年7月1日の提供開始を予定している。

関連キーワード

EMC | 災害


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -