ニュース
» 2011年06月07日 16時41分 公開

マカフィーが統合管理ツールをバージョンアップ、Web APIを提供

マカフィーは統合管理ツール「ePO」の最新版を発売する。APIを使用してのシステム連携が強化されている。

[國谷武史,ITmedia]

 マカフィーは6月7日、セキュリティ統合管理ツールの最新版「McAfee ePolicy Orchestrator version 4.6(ePO 4.6)を発表した。14日から提供を開始する。

 ePO 4.6では新たにWeb APIが提供され、その他の管理システムとの連携が可能になる。ePOをカスタマイズして既存の管理システムに組み入れることができ、セキュリティ対策システムの運用を簡素化できるという。また、同社製品の更新情報や評価版などをダウンロードできる「ソフトウェアマネージャー機能」も搭載している。

 このほか、導入作業が容易に行えるウィザード形式によるガイドを用意したほか、WAN帯域幅やメモリ使用量の低減化を図り、パフォーマンスを向上させた。

 価格は、1ライセンス当たり4231円(11〜25ライセンス、スタンダード・テクニカルサポート含む)などとなっている。

関連キーワード

McAfee(マカフィー) | 運用管理 | API


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -