レビュー
» 2011年06月14日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:そろそろ見直したいバックアップ、これからは「取る」も「戻す」も快適に

IFRSや内部統制への対応において、証拠保全や事業継続計画(BCP)の観点から、もはや必須の課題となっているバックアップ。しかし、バックアップにかかるコストや労力、いざという時のリカバリの方法は、今のままで問題ないといえるだろうか……(提供:クオリティソフト)。

[PR/ITmedia]

 社内システム選定の際には、「導入コストが低い」「運用コストが低い」「必要なときに間違いなく役立つ」というのが当然気になるポイントである。

しかし、毎日使う基本のシステムゆえに、これらのポイントが見直されることなく使われているものもある。その一つがバックアップの分野である。

  • システムやデータを災害や障害から守りたいが、コストがかかりすぎ、費用対効果に疑問が。
  • バックアップにもリストアにも時間がかかりすぎる。
  • データの増大によるサーバ負荷とコストが問題に。

 IFRSや内部統制への対応において、証拠保全や事業継続計画(BCP)の観点から、もはや必須の課題となっているバックアップ。これからは、「取れるけれど時間のかかる」「取れるけれど戻すのが大変」なバックアップからの脱却が求められる。

 本稿では、このような課題に応えられるソリューションとして、CDP(継続的データ保護)方式ながら導入コストを抑え、運用負荷も軽減した「QQR(Quality Quick Recovery)」を紹介する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -