ニュース
» 2011年06月21日 19時15分 公開

コラボレーションサービス専用の国内データセンターを新設 IBM

クラウド型サービス「LotusLive」専用のデータセンターを東京と大阪に開設すると日本IBMは発表した。

[ITmedia]

 日本IBMは6月21日、クラウド型のコラボレーションサービス「LotusLive」の専用データセンターを国内に新設すると発表した。東京近郊および大阪近郊の2カ所に開設し、9月下旬からサービス提供を始める予定だ。

 LotusLiveはSaaSで提供される企業向けコラボレーションサービス。主にメール、カレンダー、ファイル共有、インスタントメッセージ、Web会議、画面共有、イベント管理などの機能を提供する。

 新設のデータセンターは、主に日本およびアジア太平洋地域の新規ユーザーが対象で、規模は数百万ユーザーに対応する。まずはメールおよびカレンダー以外のサービスを提供する。対象地域の既存ユーザーは、従来通り米国のデータセンターを利用することになるが、IBMに問い合わせることで国内データセンターへの切り替えも可能だとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -