ニュース
» 2011年07月05日 12時53分 UPDATE

製造業向けのエネルギー可視化サービス、日本IBMらが提供

日本IBMとエクサは、工場やオフィスのエネルギー関連データを定期的に収集、算出して可視化するサービスを開始した。

[國谷武史,ITmedia]

 日本IBMとエクサは7月5日、製造業向けのソリューション「エネルギーの見える化ソリューション」の提供を開始した。工場やオフィスのエネルギー関連データを定期的に収集・算出して、その状況を可視化する。

 新製品では電力計やビルエネルギー管理システム、工場エネルギー管理システムなどからデータを収集し、電力使用状況のレポート形式やグラフで表示できるようにする。施設やフロア単位でも状況を把握でき、節電施策の有効性を検証したり、新たな行動計画の策定に役立てたりできるという。

 管理システムの構築は最短3週間で行えるとしている。価格は400万円(税別)から。SaaSで利用する場合は初期費用が300万円(同)、月額費用が20万円(同)からとなっている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -