ニュース
» 2011年07月06日 17時31分 UPDATE

NEC、電子書籍・音楽などのコンテンツ配信サービスを発売

NECは出版社などにコンテンツ配信プラットフォームを提供し、電子書籍や音楽など幅広いコンテンツの配信サービスを開始する。

[本宮学,ITmedia]

 NECは7月6日、電子書籍・音楽・動画・ニュースなどさまざまなコンテンツを配信するためのプラットフォームを提供する「コンテンツ配信クラウドサービス」を発表した。コンテンツのWeb配信を始めたい企業などに向け、同日から販売開始した。

 企業は同サービスを利用することで、さまざまな形式のコンテンツをPC/スマートフォン/タブレットなどの各種端末に向け、NECのクラウド基盤を利用して配信できる。NECの基盤が持つコンテンツ入稿・管理機能や著作権保護機能、セキュリティ機能を利用して、扱うコンテンツや端末の種類を問わずにコンテンツを配信できるのが特徴だ。受信する側は、NECが各端末に向けて用意する専用アプリやWebブラウザなどを利用してコンテンツを閲覧できる。

 サービス形態としては、(1)消費者の持つ各種端末に向けてコンテンツを配信する方式、(2)企業内で社員の持つ各種端末に向け、仕事のデータや作業マニュアルなどを配信する方式――の2通りを用意。サービス提供開始時期は、企業内向けが2011年7月末、消費者向けは同年秋を予定している。

 サービス利用料金は、「基本は月額50万円程度から。配信先の端末数の増加や配信コンテンツの容量増加に伴い、追加で課金していく」(NECの小西正浩氏)という。

photo 「コンテンツ配信クラウドサービス」イメージ図(クリックで拡大)

 NECは、同社のクラウド基盤を利用してコンテンツを配信するサービス形式のほか、コンテンツ配信を始めたい企業の中にプライベートクラウド基盤を構築するサービス形式も用意する。

 NECは同サービスの販売によって、2015年までに100億円の売り上げを目指す。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -