ニュース
» 2011年07月07日 18時12分 UPDATE

ファッションサイト「ZOZOTOWN」などのDWH基盤が刷新

スタートトゥデイは顧客満足度を高めるため、新たなデータウェアハウスとして日本ネティーザの製品を採用した。

[伏見学,ITmedia]

 ファッションECサイト「ZOZOTOWN」などを運営するスタートトゥデイは、CRM(顧客情報管理)戦略を推進するためのシステム基盤として、データウェアハウス(DWH)「IBM Netezza DWHアプライアンス」を導入した。今春より本番稼働している。システム提供した日本ネティーザが7月7日に発表した。

 スタートトゥデイは、自社ECサイトで発生する大量データを迅速に分析し、顧客に適切なコミュニケーションを提供すべく、「スピード」「スケーラビリティ」「簡易性」「導入実績」の4つを評価してNetezza DWHアプライアンスを採用した。

 加えて、ダッシュボードや定型/非定型分析用の「ビジネスインテリジェンス(BI)」、One to Oneマーケティングを実現する「マーケティングオートメーション(IBM Unica)」、「レコメンデーション」機能などを連携することにより、スタートトゥデイから顧客へのメール開封率は従来の3〜5倍、コンバージョンレートは5〜10倍へと大幅に向上した。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -