ニュース
» 2011年07月13日 13時49分 UPDATE

日本HP、x86サーバの仮想化環境向け障害対応サービスを開始

x86サーバの仮想化環境で運用されるミッションクリティカルなシステムでの障害予防や対応などを支援するサービスを提供する。

[國谷武史,ITmedia]

 日本ヒューレット・パッカードは7月13日、x86サーバの仮想化環境向け障害対応および予防支援の新サービス「HP クリティカルアドバンテージ」の提供を開始した。

 同サービスでは、顧客企業ごとに専任のアカウントサポートチームが対応する。障害発生時には、システムの重要度に応じて対応の優先度を「年中無休6時間ハードウェア修復」「年中無休4時間対応」「標準時間(8時45分〜17時30分)4時間対応」から選択できる。

 障害予防では、システムなどのレビューやアドバイス、サポートプランの立案などの基本メニューと、これに仮想化環境のパフォーマンスや・キャパシティ分析などの拡張メニューを用意している。価格は315万円から。

関連キーワード

HP | 仮想化 | x86サーバ | 障害対応


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -