ニュース
» 2011年07月15日 11時49分 UPDATE

NEC、仮想化環境向けソフトパッケージの新製品発売

NECは、仮想アプライアンスの新製品として、ファイアウォールやメールアーカイブ・フィルタリングの機能を提供する製品を発売した。

[國谷武史,ITmedia]

 NECは7月15日、OSと特定アプリケーションをセットにした仮想アプライアンスの新製品として、ファイアウォール機能を提供する「InterSecVM/SG for VMware」および、メールアーカイブ・フィルタリング機能を提供する「AddPoint/MailWallServer for VMware」を発売した。

 InterSecVM/SG for VMwareでは、同社が開発のファイアウォールエンジンを搭載するほか、日本語のWebユーザインタフェースやオンラインヘルプを搭載する。AddPoint/MailWallServer for VMwareでは、メールのフィルタリング・アーカイブ・添付ファイル暗号化などの機能を搭載している。

 また、2010年1月に発売した「InterSecVM/MW」「InterSecVM/CS」「InterSecVM/LB」では、対応プラットフォームにMicrosoftのHyper-Vが追加された。同社では2つの新製品で今後3年間に1000システムの販売を見込む。

機能 製品名 希望小売価格(税別) 出荷時期
ファイアウォール InterSecVM/SG V1.0 for VMware(1年間保守付き) 60万円(参考価格) 9月
メールアーカイブ/フィルタリング AddPoint/MailWallServer V7.2 for VMware 328万円 7月15日
メール InterSecVM/MW V2.0 for Hyper-V(1年間保守付き) 41万円
プロキシ/Webフィルタリング InterSecVM/CS V2.0 for Hyper-V(1年間保守付き) 64万円
ロードバランサ InterSecVM/LB V2.0 for Hyper-V(1年間保守付き) 64万
製品ラインアップ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -