ニュース
» 2011年07月21日 15時21分 UPDATE

SFDCと日本IBM、ビジネスアプリケーションの連携・移行で協業

セールスフォース・ドットコムと日本IBMはSFAやCRMの移行事業で協業する。ユーザー企業の既存システムを、CastIronでSalesforceに移行させる取り組みだ。

[石森将文,ITmedia]

 セールスフォース・ドットコムと日本IBMは7月21日、営業支援や顧客管理システムをクラウド化する事業において協業すると発表した。

 具体的には、ユーザー企業の既存システムとSalesforceの連携や移行を、日本IBMのアプリケーション連携テンプレート「IBM WebSphere CastIron」で支援する。これにより、通常は数カ月かかるような工程を、10日程度に短縮できるという。

 両社は専任チームを編成し、本ソリューションの提案活動を実施する。実際に移行作業を行うビジネスパートナーとしては、日本情報通信とオージス総研が挙げられている。

salesiron.jpg 協業のイメージ

関連キーワード

Salesforce.com | WebSphere


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -