ニュース
» 2011年07月25日 12時00分 UPDATE

メールの接続情報システムを刷新 ソフトバンクモバイル

インターネットおよびメールの接続情報システムの基盤として、ソフトバンクモバイルが「Oracle Coherence」を採用した。

[伏見学,ITmedia]

 ソフトバンクモバイルは、インターネットおよびメールにおけるユーザーの通信量増に対応するためシステムを刷新する。システムを提供した日本オラクルが7月25日に発表した。

 ソフトバンクモバイルが採用したのは、インメモリ・データグリッド製品「Oracle Coherence」。これは、複数ハードウェアで構成されたサーバ群によって仮想的な共有メモリ領域を確保し、大量のデータを高速処理する技術で、同社はインターネットおよびメールの接続情報システムの基盤として導入する。これにより、既存システムと連携しつつ、高い耐障害性と規模拡張性を実現し、通信量の増加に対応することが可能になるという。

 2012年中に新システムの稼働を目指す。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -