ニュース
» 2011年07月26日 06時59分 UPDATE

BlackBerryのRIM、2000人の人員削減を発表

iPhoneやAndroidに押されてBlackBerryが不振のRIMが、全社員の約10%の人員削減と幹部1人の退社を発表した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 カナダのResearch In Motion(RIM)は7月25日(現地時間)、全社員の約10%に当たるおよそ2000人の人員削減と幹部クラスの人事再編を発表した。同社のスマートフォンBlackBerryは、米AppleのiPhoneや米GoogleのAndroid搭載端末にシェアを奪われ、3〜5月期の純利益は前年同期比10%減となっていた。

 同社は、今回の人員削減の目的を「余剰人員の整理と成長性の高い事業への集中」としている。過去5年間で、同社の従業員数は約4倍になっていたという。

 人事再編としては、3人のCOO(最高執行責任者)のうち、ドン・モリソン氏が退社し、残る2人が役割を引き継ぐ。株主や従業員から不満の声が上がっている共同会長、共同CEO体制については変更はなかった。

 RIMは6月の業績発表の際に第2四半期中の人員削減を含む事業効率化計画を発表し、通年の業績予測を下方修正している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ